広告業界の第二新卒採用

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の第二新卒採用

広告業界の第二新卒採用

広告業界では、第二新卒のような若い人材を積極的に採用しているところもあります。広告業界では今後WEB広告の分野がより売り上げを左右する重要な存在になってくるだろうと見られています。このため、WEB広告に関連する仕事に従事してくれる人材の募集を活発に出しています。少しでも多くの人材を確保しようとして、第二新卒でも歓迎と記載している案件が多いです。パソコンやインターネットに関する専門知識がある、興味を持っている人がいれば、この方面の第二新卒の募集をチェックしてみると良いでしょう。

第二新卒とは就職してから3年以内で離職してしまった人材を一般的にはさします。しかし前の職場をどのくらいで離職しているかで、広告業界における評価もだいぶ変わってきます。1年目で離職して転職活動をしている第二新卒は正直言って、広告業界での評価は芳しくありません。1年目で離職ということは、数か月単位で辞めてしまったと推測されます。ということは「雇ってもまたすぐに離れてしまうのでは?」とか「忍耐力のない人間」といった烙印を押されてしまう恐れが高いです。2年目になると経験という部分では少し物足りなさを感じるかもしれませんが、年次を理由に採用を見送られるといったことは1年目と比較するとなくなります。プラスとはならないでしょうが、致命的なマイナスになる心配はまずないでしょう。

3年目で離職して第二新卒として転職活動を行う場合、ちょうどいい年次でキャリアもそれなりに培われています。ですから若い人材でポテンシャル採用を検討している広告業界にとっては、望まれる人材になりやすいです。だいたい4年目くらいまでは第二新卒の世界では高い評価を得られます。これ以上になると年齢が高くなるのでそれがネックになります。それなりのキャリアを持っていないと、広告業界への転職は難しくなります。

広告業界への転職を希望しているのであれば、せめて1年以上の職務経験を今の会社で積んだ方が良いでしょう。しかし中には「これ以上この職場で働くことはできない」とかすでに1年目で離職してしまった人もいるでしょう。その場合上で紹介した1年目で離職した人材のマイナス評価を払しょくできるような書類を作成する必要があります。それは将来自分がどんなキャリアを積んでいきたいか、具体的なキャリアプランを立てることです。自分が広告業界に転職して3年後とか5年後、どんなポジションでどのようなスキルを獲得して仕事をしているかを考えることで、広告業界への転職を真剣に考えていることをアピールできます。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.