広告業界の採用基準

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の採用基準

広告業界の採用基準

広告業界に転職しようと思っている人もいるでしょう。広告関係の求人を見てみると、未経験者や第二新卒の人材を対象にした募集も出ています。結構ポテンシャル採用をしているところもあるので若い人や異業種転職を考えている人もチェックしておきたい案件といえます。ただし広告業界の採用基準を見てみると、いくつかのスキルが要求されると思っておくべきです。

まずはパソコンのスキルです。これはデザイナーやプランナー、事務系どの職種に応募するにしても求められる能力だと思いましょう。事務系であれば、マイクロソフトのオフィスソフトやメールの操作など基本的なスキルがあれば、十分対応できます。しかしデザイナーになってくると、デザイン作成の段階でパソコンソフトをいろいろと使用します。主だった専用ソフトをいくつかピックアップするだけでも、IllustratorやPhotoshop、Dreamweaver、Flash Professionalといったところが出てきます。デザイナーになるとWindowsだけでなくMacも使いこなさないといけなくなるでしょうから、これらのパソコンやソフトは使いこなせるというところをアピールしましょう。

広告業界はクライアントの要望を形にする仕事なので、クライアントと打ち合わせする工程はどうしても無視できません。そこでコミュニケーションスキルが十分にあるかどうかも面接試験などでチェックされます。面接試験を受けるときには、相手の目を見てしっかり話すように心がけましょう。またはきはきと、相手に分かるように話すように意識してみるのもポイントです。面接官と目を合わせない、ぼそぼそと小さめの声で話をすると「人との付き合いが苦手なのでは?」と思われてしまって、マイナスの評価を受ける恐れもあります。人と接することが好きであるということを相手に気付いてもらえるような応対を心がけましょう。

意外と重要なのは趣味の多彩さです。いろいろな趣味を持っている人は、先ほど紹介したクライアントとの付き合いの中でプラスに働く可能性があります。相手と共通の趣味が見つかれば話も弾むでしょうし、商談もどんどん進められる可能性が高いです。趣味の多い人は履歴書の趣味を記載する欄にいろいろと書いておくと良いでしょう。読書や映画鑑賞といったありふれた物ではなく、自分の個性をアピールできるようなものをあえて加えてみるのも、採用担当者の注意を引くのに有効になりえます。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.