広告業界の適性(向き・不向き)

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の適性(向き・不向き)

広告業界の適性(向き・不向き)

広告業界を目指すにあたって、自分に適性があるかどうかの分析をしておきましょう。適性がないとなかなか採用してもらえませんし、就職しても自分が苦しむことになりかねないからです。広告業界向きの人の条件としてよく指摘されるのは、コミュニケーションスキルがあるかどうかです。広告業界で仕事をする場合、まずはクライアントと打ち合わせをしてどのようなイメージを相手が持っているか共有する必要があります。また仕事をするにあたって自分一人で進めることができません。社内外の人と協力して仕事を進めていかないといけないので、コミュニケーションスキルが必要ですし、社交性に優れた人の方が活躍しやすいでしょう。

またトレンドに敏感なことも、広告業界で活躍するために不可欠な個性といえます。広告やプロモーションを行っていくにあたって世間の関心を集める必要があり、そのためには今最新の動向がどうなっているかを理解しておく必要があります。流行に敏感、新しい概念が出てきたときにそれを早速やってみたいといった好奇心の強い人が向いている職種といえます。

広告業界で活躍するために必要なこととして、ビジネス感覚を持っている点にも注目しましょう。このように言われると意外と思う人もいるかもしれません。広告業者はお金をかけて世間が注目するようなプロモーションをすればそれでいいと思っている人もいるでしょう。しかし広告はただ単に人に商品・サービスを知ってもらうだけでは不十分で、その商品・サービスを利用してもらって売り上げを伸ばすことが究極の目標です。クライアントも売り上げに反映してもらうことを前提にして、広告会社にお金を出しています。そこで広告業界で活躍するには、クライアントの求める結果をきちんと出せる人材でないといけません。ただ単に奇抜でインパクトのある広告のアイデアを出せば、それでいいという世界ではありません。

広告業界で働くためにあまり世間には知られていないポイントかもしれませんが、時間厳守のできる人というのも必要な条件です。広告業界は時間にかなりシビアな通例があります。先ほども紹介したように、広告の世界で仕事をするにあたって、クライアントは社内のスタッフ、制作会社やデザイン会社などいろいろな人たちと協力して一つの作品を作り上げていきます。もし自分が言われた納期を守らないと、他の関係者に迷惑をかけてしまいます。時間にルーズな人は仕事を滞らせる原因となるので、嫌われる傾向があります。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.