外資系の広告業界の転職

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 外資系の広告業界の転職

外資系の広告業界の転職

広告業界の中にも外資系の会社は多くあります。 外資系の広告業界への転職を考えている場合は、英語能力も必要となってきます。 もちろん日本に支店があり、日本語を話す環境の場合においても、英語能力は必須であると言えます。

これは多くの外資系の広告業界の会社が入社スキルとしてある一定の英語能力を求めているためです。 英語能力の目安としては他業種の外資系企業と同じようにTOEICであれば750以上でしょう。 これは特に難しい成績ではありませんが、普段のコミュニケーションやビジネスシーンで英語を利用する事を考えて置くことも必要です。 外資系への広告業界への転職は一般的に少しハードルが高いと言われています。 多くの外資系が数年以上の実務経験を必要としているためです。

しかし能力が高ければ、それに見合った報酬を設けるという企業も多く、非常にやりがいのある仕事であると言うことが出来るでしょう。 広告業界の外資系では、英語能力やコミュニケーション能力を重視されることが多く、面接が大きなポイントになると言われています。 面接は英語を用いられることが多いですから、しっかり対策して置きたいポイントですね。 一般的に外資系では、収入も高くなると言われています。 仕事の取り組み方は外資系だからといった一律なものは無く、企業によって大きく異なるのも特徴です。

また広告業界への外資系企業への転職で心配されることが多いのが契約年数の短さです。 日本とはことなり多くの外資系企業では契約期間が定められ、延長することもあれば、能力が無い場合には仕事が無くなるの事があると言う点です。 これは日本企業と明らかに異なる部分ですから、慎重に行わなくてはなりません。 しかし必要以上に慎重になる必要もないのは明らかです。 これは、日本との企業文化の違いが大きいですが日本の様に正社員になったらもう安心と言うことはありません。 これは日本でも現在、見直しがされているポイントですね。 基本的には契約社員から社員へ昇格するというのが外資系のスタンダードな方法なのです。

ここをしっかり理解して置くことは外資系への広告業界への転職にとっても非常に重要なポイントだと言えます。 事前にしっかり会社を調べることによって外資系であるかそうでないかは大きな問題で花いといます。 広告業界は浮き沈みが激しいと言われていますが、この浮き沈みの激しさも外資系だから問題があると言えるものではありません。 自分の行いたいことが明確な場合、外資系広告業界というのは非常に魅力的でもあるでしょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.