広告業界の転職と学歴

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の転職と学歴

広告業界の転職と学歴

一般的に転職市場では、学歴は採用の際にあまり重視しない傾向があります。中途採用は即戦力になる人物をとる場所なので、過去の職歴は重視するけれども学歴は評価を左右しないのが普通です。ところがこの感覚で広告業界に転職すると失敗する可能性があるので注意しましょう。広告業界の中には、転職希望者でも学歴がどうかを採用判断の基準に含めているところが多いです。インターネットにはエージェントの体験談なども見られるのですが、先方が広告業界の場合、「ウチは学歴も重要なポイントの一つにしていて、一定以上の学校を出ている人に紹介してほしい」と要請するケースもままあるといいます。特に広告業界の中でも大手のところであればあるほど、学歴を重視する傾向があるようです。

その体験談には続きがあって、求人サイトにも求人情報をその広告会社は掲載していたといいます。その中では「大学卒業以上であれば不問」としていたといいます。このように表面上は学歴不問としていながら、実は学歴をしっかりチェックしていることもあると思って転職活動を進めることです。ところでなぜ広告業界はここまで学歴を重視するのでしょうか?学歴を重視する理由は、広告業界の仕事の特質から、基礎学力を持っている人材の方が好ましいと判断されるからです。

まず広告会社は一人で何から何まで制作することはありません。仕事を分担して、一つのプロジェクトチームとして動くのが一般的です。チームの一員としてスムーズに全体が動くためには、メンバー間で十分なコミュニケーションをとって、意志の疎通を図る必要があります。そのためには理解力や論理的思考力などの基礎学力の高い人の方が良いわけです。また大手の広告会社になると、クライアントもそれなりの有名な大企業になってきます。クライアントで広告会社と実際に打ち合わせをする人は、会社の中でそれなりの地位にいる人であることが多いです。そのような人に応対する場合に、やはり基礎能力の高い人でないと相手に足元を見られる恐れがあります。このような背景もあって、新卒・中途入社関係なく学歴を重視する傾向があります。

広告というとクリエイティブな仕事なので、ユニークで奇抜な発想ができればいいのではないかと思う人もいるでしょう。しかしこのような発想が求められるのは広告会社の中でも一部の職種だけで、全員にそのような発想は求められていません。広告業界の世間一般のイメージと現実は、時として乖離することもあります。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.