広告業界の今後・将来性

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の今後・将来性

広告業界の今後・将来性

広告業界では、さまざまなツールを使って広告を展開しています。テレビ、ラジオ、紙媒体などいろいろな手段があります。その中でも広告業界の今後の主力を担うと予想されているのは、インターネットやモバイルといったネットメディアです。ここ最近広告業界の市場規模ですが、拡大を続けているといいます。この拡大の原動力となっていると考えられるのが、WEB広告です。WEB広告は今や決して無視できない存在になっていて、2014年にはWEB広告の市場規模は1兆円を突破しているほどです。その他にはSPと言われるジャンルも、広告業界の将来性を考えたときに重要なカギを握る存在と見られています。SPとはセールス・プロモーションの略で、店頭POPをはじめとした各種キャンペーンを行うジャンルです。こちらも成長が顕著であって、広告代理店の業績アップのポイントになると見込まれています。

今後の広告業界もWEB広告が主力な媒体になるでしょう。インターネットの世界はまだ発展途上なところがあって、今後も多種多様なネットメディアの登場してくる可能性は高いです。広告手法や広告配信のアプローチに関しても、多様化が進むと見られています。一方でテレビコマーシャルに関しても、中高年層などを中心として訴求力はなお高いものがありますので、こちらも将来性はまだ十分期待できます。ただしテレビコマーシャルをただ流すだけでなく、プラスアルファの戦略が必要になるでしょう。たとえばセールスプロモーションと連動させることで集客力を上げるとか、複数のアプローチを導入する戦略などが求められます。

テレビコマーシャルの弱点と言われているのが、その効率性です。コマーシャルの場合、不特定多数のテレビを見ている視聴者が対象になるのでコマーシャルを流している会社の想定していない視聴者にも流す形になります。そこで今後注目を集めているコマーシャルの手法が、テレビへのプログラティック広告配信です。海外では既にこの試みは勧められていて、動画広告配信エンジンのサービスも始められています。

プログラティック広告配信ですが、オーディエンススターティングが可能な点に注目です。つまりその広告に興味がある人にピンポイントで宣伝を流すことができるので、ターゲティングの精度を今まで以上に向上することが可能です。2020年までにはテレビにおけるプログラマティック広告配信は進むとニールセンの調査では見込まれているので、日本の広告業界も決して無視はできないでしょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.