広告業界の転職の志望動機

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の転職の志望動機

広告業界の転職の志望動機

広告業界に転職しようと考えているのであれば、志望動機を明確にしておきましょう。 新卒の場合と転職の場合では志望動機の書き方も異なることは分かりますね。 志望動機の書き方が新卒の場合と同様では、やはり志望動機としてまとめるのが不十分であると言えます。 まずは転職を考える理由を明確にして置かなくてはなりません。

何故、広告業界に転職したいのかを明確にすることによって志望動機の書き方が分かってくるはずです。 広告業界から広告業界への転職なのか、或いは他業界からの転職なのかによっても書き方は変わってくるでしょう。 転職の場合、一番注目されるのが志望動機であるということは間違いがありません。広告業界から広告業界の転職の場合であれば志望動機を会社の魅力について語ることになるでしょう。

しかし、ここで注意して頂きたいのは以前の会社と比較した内容ばかりを連ねることです。 以前の会社より給料が良いことや環境が良いこと等を比較対照する事は良い事ではありますが、あまり多く利用すると以前の会社への不満が目立ってしまいます。 ですから、社風や方針など比較対象せずに語るべき部分を強調した書き方を行うのが良いでしょう。 また、経験をどのように生かせると感じているのかについて明確な答えを用意しましょう。

では、他業界からの転職の場合はどうでしょうか。 広告業界の転職は、他業種からの応募も多く、また他業種からの転職数も多くなっています。 ですから、他業種からの転職が出来ないわけではありませんから安心してください。 広告業界では他業種からの転職も受け入れていますが、これには理由があります。 様々な分野から広告について知るという目的です。

ですから自然と志望動機は以前の仕事をどのような形で生かしていきたいのかという点を意識しなくてはなりません。 広告業界への憧れではなく、どのように役に立てるかを考え志望動機をまとめましょう。 広告業界への転職時の志望動機は、転職時の志望動機で重要などのように前職を生かすのかという部分を意識して書きましょう。 これが新卒時と転職時の志望動機の理由の差でしょう。

また前職をどのように生かすのかどうかピックアップする際は肩書きではなく具体的な職務内容に触れるよう努力しましょう。 例えば営業課長として行った経験という書き方では、よくありません。 具体的な経験を書くことは非常に大切な志望動機を書く際のポイントと言えるからです。

広告業界の転職についての志望動機は経営理念への共感だけでは弱すぎると言うことを意識しましょう。転職の際の志望動機には明確な理由が求められます。 このため前職で得た経験と広告業界の仕事とを比較し、どのように貢献出来るのか具体的に書くことになります。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.