広告業界を辞めたい時

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界を辞めたい時

広告業界を辞めたい時

広告業界は過酷ではないかという話がしばしば聞かれます。実際インターネットを見てみると、あまりに激務なので辞めたという話をしばしば耳にします。月間の残業が100時間超えているとか、40時間といった話もあります。100時間前後の残業時間となると、その人が辞めてしまうと会社も困るので辞めるに辞められないという話も耳にします。

まずなぜこのような激務になってしまうかですが、広告という仕事が関係しています。クライアントの会社としてみれば、広告費は必須の経費ではありません。ですから別にそれなりの利益が出ているのであれば、無駄に広告費を出す必要はないと考える企業は結構あります。そのような企業を説得して、プレゼンなどをしてお客さんにする必要があります。また中にはコンペ方式を採用している企業もあります。複数の広告会社に競わせて、その中で相手が気に入ったものを選ぶ方式です。このような背景があって、丁寧にプレゼン用の資料を作成する必要があります。このため、どうしても仕事量が多くなって、長時間の残業が必要になります。

一つ当たりの仕事量が多いのにプラスして、もともと売り上げの20〜30%の手数料しか手元に残りません。このため、できるだけ多く仕事をとってこないと会社経営が成り立ちません。手間のかかる上に仕事もたくさんとってこないと経営が成り立たないので、ますます仕事量は増加してしまいます。さらに広告の仕事をとってきても、スポンサーに主導権があるので作り上げてもスポンサーがOKを出さないと何度も修正をしなければなりません。そうするとさらに仕事の量は増えてしまいます。

また広告業界をやめたい理由として、「自分がやりたかった仕事ができなかったから」というものもしばしば見られます。広告会社の中には、アウトソーシングを導入しているところもあります。ですから実際に制作するのは、下請けのプロダクションであることもしばしばあります。そうなると自分は制作の仕事をやりたかったのに、新規顧客を獲得するための営業のような仕事を担当する羽目になってしまったということで離職を検討している人も見られます。

このように広告業界にあまりに理想を抱きすぎると、現実とのギャップに苦しみ辞めたくなるかもしれません。そこで広告業界への転職を検討している人は、慎重に応募先を比較することです。ワークライフバランスがきちんと取れているのか、自分のやりたい仕事ができるのかをチェックすることです。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.