広告業界の転職の履歴書

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の転職の履歴書

広告業界の転職の履歴書

広告業界へ転職を考えている際にはどういった履歴書を書く必要があるのでしょうか。 広告業界への転職の場合の履歴書を書くためには、広告業界への理解が欠かすことが出来ません。 広告業界への転職ですから、文章を魅力的に表現することは大事なスキルの一つです。

転職の際の履歴書では以前の職務経歴を踏まえた上での志望動機が一番大切です。 履歴書によっては自己アピール文章を書く必要も出てきます。 志望動機と自己アピールの文章を魅力的なものに仕上げるためには幾つかの注意点があります。 新卒時の履歴書同様に志望動機や自己アピールを箇条書きにしてみましょう。

そうすることによって自分の志望動機や自己アピールポイントを明確にするという意図があります。 新卒時の履歴書ではこれをつなぎ合わせることが目的でした。

しかし広告業と言う文章力も重視される分野での転職では、ここに過去の経歴からの経験を継ぎ足していく必要があります。 箇条書きにした志望動機や自己アピール文章の隣に、経験からどう学んだのかを書いて行きます。 これにより、一つ一つに具体的で明確な理由を付属していくことが出来ます。 このように書くべきポイントをまとめたら優先順位を付け、一つの文章にまとめ上げていきます。 履歴書に正解はありませんが、より具体的でより明確な文章に仕上げることが必要です。 またマイナス要素をプラス要素に変えて説明出来るようにしておくと、面接時にも有効です。 履歴書の文章を書くためのポイントはこのようなポイントに気を付け、より説得力のある内容を心がけると言うことを意識しましょう。

また、履歴書の文字にも個性が表れます。 日本では、履歴書は手書きでなければならないという場合も多くあります。 手書きの履歴書で字を丁寧に書かなくてはならないのは当たり前ですが、バランスを意識した文字にすることでより文字は見やすくなることを覚えておきましょう。 丁寧に書くと言うことは、止めやハネ、払いなどを意識して書くと言うことです。 文字の形を意識するあまり、普段文字を書くことが少ないことが多い転職者にとって文字を丁寧に書くと言うことは忘れられがちなので注意しましょう。 文章量にも注意し、出来るだけ記載枠を埋めるように心がけます。

転職の場合、エントリーシートがない場合も多いですから、しっかりとした履歴書の作成は必須です。 広告業界への転職の場合の履歴書では、他業種への転職以上に文章力を意識しましょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.