広告業界の年収・給料相場

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の年収・給料相場

広告業界の年収・給料相場

広告業界で仕事をしてみたいと思っている人の中には、入社するとどの程度稼げるのか気になっている方も多いでしょう。年収データ調査サイトの情報をもとにすると、大体主要な広告業界の年収は、575〜675万円くらいが相場になるようです。広告代理店ですが、大手から中小まですべてひっくるめると1500社を超えるといわれています。ですからどの広告代理店に就職するかで、その扱いは変わってくるでしょう。大手の有名どころに就職できれば、年収はかなり良くなります。電通や博報堂といった有名企業に就職できれば、平均年収は1000万円以上となります。それ以外で1000万円以上という平均年収のところは少ないです。ただし広告代理店を見てみると、たいていのところがほかの業種と比較すると多くの給料をもらえています。

電通と博報堂は広告業界ではツートップと言われていて、大変有名です。なぜこの2社が広告業界で強いのかというと、テレビや主要な紙媒体のメディアをしっかり押さえているからです。これらの受注ですが、大口取引になることが多いです。その結果売上高も大きくなって、それに伴いそこで働く社員もその恩恵に恵まれるわけです。

しかし電通や博報堂のような大手広告代理店で働くことは、並大抵のことではありません。大学生を対象にした就職したい企業ランキングでいずれの会社も上位に毎年ランキングされています。学生の就職活動の中で、採用される難易度は日本最高レベルと言われています。何せ新卒採用の話ですが、例年1万人を超える応募があるといいます。これだけのライバルを押さえて勝ち残るためには、他の応募者にはない能力が求められます。有名大学を出ているだけでも就職は厳しいといえます。中途採用に関しても転職希望者は多いですから、そう簡単に採用を勝ち取るのは難しいでしょう。

また最近給料が上昇している広告代理店として、サイバーエージェントに代表されるようなインターネット広告を主に取り扱っている会社があります。インターネットは若者を中心として、もはや欠かせない情報ツールになっています。ですからネット上で広告を展開すると人の目にもとまりやすくなり、会社や商品・サービスの告知効果も高くなります。現在の給料でどの程度の収入が挙げられそうかで比較するのも良いでしょう。しかし広告のようなメディア系の場合流行り廃りもありますので、将来伸びそうかどうかという視点でも転職先を比較する視点が求められます。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.