広告業界の転職と自己PR

広告転職TOP >> 広告業界の転職の基礎 >> 広告業界の転職と自己PR

広告業界の転職と自己PR

広告業界に転職するにあたって、自己PRでどれだけアピールできるかが採用の鍵を握っているといっても過言ではないでしょう。しかし広告業界を志望する人の自己PRを見てみると意外とありきたりな感じでまとまってしまっているケースが多いです。「人と接するのが好き」とか「人のために役立つ仕事がしたい」といったようにです。このような抽象的でふわふわした自己PRでは、なかなか採用担当者の心には響かないでしょう。自己PRを作成する場合には、「この人間を取りたい」とか「この人と一緒に仕事がしてみたい」と思えるようなことをアピールしましょう。

まず広告業界に携わるにあたって、関連するキャリアを持っているのであれば、その部分をアピールしましょう。たとえば広告のデザインや企画を手がけた場合、どのような分野の仕事をどれだけ担当したことがあるか、自分が携わったプロジェクトの中で過去にどれだけの宣伝効果を上げることができたか、具体的に売り上げの数値なども織り込みながらアピールすると有効でしょう。

中には異業種から広告業界に飛び込もうと思っている人もいるでしょう。就職先のランキングで常に大手の広告代理店は上位に出てくるほど人気があります。「学生時の就職活動ではだめだったけれども今度こそは!」と思っている人もいるはずです。その場合、自分がいかに広告業界の求める人材に適しているかをアピールすることがカギになります。一般的に広告業界では、いろいろな人と関わりながら仕事を進めていきますので、コミュニケーション能力が求められます。また広告を出すにあたって、インパクトのあるコピーなども必要になるので高い表現力が求められるでしょう。この2つのスキルを自分は持っているというところを具体例も踏まえてアピールすることも大事です。

ただしこれだけでは広告業界に対する自己PRで終わってしまいます。その会社へのアピールをするためには、会社がどのような人材を求めているのか、それにいかに自分が適した人材であるかというところをアピールするように心がけましょう。会社の求める人材に関しては、それぞれの会社のホームページに記載されているはずです。その内容を確認して、自分に相手が求めるスキル・キャリアがないか確認しましょう。広告業界への転職を希望する人は多いので、そのライバルを打ち負かすことのできるような自己PRを作成しましょう。一度できたらそれでおしまいではなく、何度も書き直してより良いアピール文を作っていきましょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.