JR東日本企画への転職

広告転職TOP >> 人気の広告代理店への転職 >> JR東日本企画への転職

JR東日本企画への転職

日本の広告業界の売り上げの動向ですが、2009年を境に減少が続いていました。その背景には不景気のために、企業が広告費を削減したことが大きく影響しています。しかし2012年12月に政権交代が行われると景気回復の兆しが見られ、次第に広告業界にも変化が見られ好転し始めました。特に好調なのがインターネット広告で2007年には、雑誌広告の売り上げを初めて上回りました。さらに2009年には新聞広告の売り上げも上回り、テレビの次に活用される広告媒体へと成長を遂げました。
 
さて今回ご紹介するJR東日本企画はJR東日本の、初めての完全子会社として1988年5月9日に設立されました。JR東日本企画は親会社であるJR東日本の全ての広告を管理する一方で、首都圏新都市鉄道のつくばエクスプレスや東京臨海高速鉄道のりんかい線や株式会社ゆりかもめが運営するゆりかもめなど、他の私鉄の広告媒体の管理も行っています。さらにJR東日本のグループ企業が開発運営をする、駅の構内商業施設であるecute(エキュート)の店舗の開発なども行っています。

またJR東日本とタイアップするポケットモンスターの代理店としても有名で、例えばJR東日本の車体にはピカチュウなど色々なポケモンがデザインされていたり、毎年行っているポケモンスタンプラリーなどの企画や広告なども全てJR東日本企画が行っています。さらに第一パンが1998年6月から発売しているポケモンパンは、JR東日本企画が企画から開発まで行っている超ロングセラーの菓子パンのシリーズ商品です。また2013年9月6日に日本マクドナルドが子ども向けに、期間限定で発売したハッピーセット「ポケモントレッタ」も同様にJR東日本企画によるものです。

JR東日本企画の従業員数は2012年4月1日の時点で721人で、売上高は900億円を超えています。JR東日本企画の気になる年収ですが、30歳で700万円前後とかなり高いと言えます。ただ残業代も含まれた金額で、30代や40代になっても700〜750万円と大幅な年収アップは期待できません。新卒の採用人数ですが2012年度は7名が入社し、2013年度は10名で2014年度の新卒の採用予定は10名程度です。ただJR東日本企画では現在は、中途採用の予定はありません。

JR東日本が親会社でその広告媒体を主に取り扱うJR東日本企画は広告業界のなかでも特殊ですが、従来の広告会社の枠組みを超えた駅ビルの企画や開発やポケットモンスターとのタイアップなどとてもユニークです。現在は中途採用を行っていませんが、今後もし中途採用を行うとすれば広告会社の転職先としては目が離せません

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.