広告業界の転職<管理(コーポレート)部門>

広告転職TOP >> 職種別の広告業界の転職 >> 管理(コーポレート)部門

広告業界の転職<管理(コーポレート)部門>

広告業界の転職で管理部門を考えている方もいるでしょう。 広告業界だけ管理部門が特別なものではありません。 広告業界でも管理部門は他業種と同じような業務であると考えて間違いはありません。 管理部門は降雨濃く業界ではコーポレート部門と呼ばれることも珍しくはありません。 コーポレート部門、管理部門は総務や人事・経理など経営に携わる仕事をします。 経営に携わる部門ですから、広告業界と言えど、広告との繋がりは気薄です。 広告業界の転職で管理部門を希望する方は少ないですが管理部門の仕事に就きたい方にとって広告業界の管理部門は人気があります。

もちろん広告業界の管理部門は転職することが可能です。 広告業界に限らず管理部門の転職では事務職の経験がある方が優遇されます。 簿記やエクセル系の資格も非常に役に立ち、優遇されることが多いでしょう。 広告業界として優遇される資格はほとんどないですが管理部門だけは特別で、簿記の資格やエクセル系の事務の仕事が大変役に立ちます。 管理部門は経営に携わることになるので広告に直接的な関係の無い、広告業界にとってもまれな部門です。 広告に直接携わることは少ないとは言え、管理部門の仕事には大きな責任があります。

このことからも中途採用、転職を考える場合戦力を重視されやすいのです。 事務経験者や総務経験者等、会計問題に詳しい方が優遇される傾向にあるようです。

しかしそれだけではなく、未経験者歓迎の場合もあります。 簿記やエクセルといった広告には一見関係の無いような知識も管理部門ではとても役に立つので、転職の際は抑えておきたい資格ですね。 広告業界の管理部門が他に比べてとくに大きな仕事があると言うことはありません。

しかし、金銭的な問題を扱う部門でもありますからその責任の大きさは分かるのではないでしょうか。 広告業界には個性的な社員が多いと言われていますが、管理部門ではそうではありません。 しっかりとした真面目で細かな性格の方の方が向いている職場環境でしょう。 管理部門は広告業界だけではなく、会社に欠かすことの出来ない部門であると言えます。 広告業界は忙しくクライアントなどの間を駆け回ることが多く、勤務時間が長くなると言われていますが、管理部門ではそのような心配は少ないでしょう。 管理部門は地味な仕事が多いですが、会社の心臓部とも言え、無くてはならない存在なのです。 しっかりと責任感の強い方が向いていると言えるでしょう。 転職することも難しくは無いので、しっかり頑張っていきましょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.