広告業界の転職<マーケティング部門>

広告転職TOP >> 職種別の広告業界の転職 >> マーケティング部門

広告業界の転職<マーケティング部門>

広告業界の転職と言っても広告業界の中にも様々な仕事があります。 広告業界は広いので、より具体的にどのような仕事がしたいのか知る必要があると言うことですね。 広告業界の転職の中でもマーケティング部門について考えてみましょう。 広告業界のマーケティング部門ではどのようなことを行っているのでしょうか。 広告業界の仕事はいくつかの部門に分けられますが、マーケティング部門もその一つです。

マーケティングとは商品を売る戦略を立てる部門のことでプロモーションを行う部門であると覚えて置く必要があります。 広告を依頼するクライアントと作成するスタッフとの懸け橋となるのがマーケティング部の仕事です。 そのような広告にしていくのか、広告のコンセプトを考えたり、さらにその広告でのプロモーションの提案を行います。

ですから広告に対する知識と、それから交渉能力が必要となります。 広告業界への転職の場合、マーケティング部門を希望する人は多く、広告業界の中でも人気のある部門になります。 求められるスキルが広告への知識、そしてプロモーション能力になります。 プロモーション能力とはプレゼンテーションやデータ分析を通して、広告の戦略を練るという意味です。 マーケティングには大きく分けて二つの仕事があり、これは提案と分析に分けられます。 クライアントの要求をしっかり理解しながら戦略を練り、クライアントの要求が形になるような提案を行います。

またクライアントのために情報を分析し、広告の効果や宣伝費用対効果を調べ、しっかりとしたデータを確立します。 マーケティング部門の主な仕事はこのようにクライアントと作成スタッフとの懸け橋になりますから、非常に重要なものです。 マーケティングは広告業界の仕事の中でもひじょうにやりがいのあるものになりますが、それだけ知識を要求されます。 日々、データが変わり新しい内容を勉強していかなくてはなりませんから、日々勉強しながら行う仕事であると言えるでしょう。 マーケティング部門は広告業界への転職として道も開かれています。

しかし多くは知識を得るためにも営業や他部門からマーケティング部門に配属されると言うことになります。 マーケティング部門は非常にやりがいのある仕事だと言えるでしょう。 マーケティング部門に求められるのは交渉能力、そして分析能力であると言えます。 これらはコミュニケーション能力や面接での対応の仕方などが重視される傾向にありますからしっかり対策しておきましょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.