広告業界の転職<媒体・メディア部門>

広告転職TOP >> 職種別の広告業界の転職 >> 媒体・メディア部門

広告業界の転職<媒体・メディア部門>

広告業界への転職を考えてイメージしやすいのが媒体・メディア部門ではないでしょうか。 広告業界は複数の部門から構成されていますが、媒体・メディア部門と聞いて仕事のイメージが出来る人も少なくは無いでしょう。 媒体・メディア部門は華やかなイメージが強いですが、それだけではありません。 媒体・メディア部門には様々な仕事があり、想像している以上に複数のことを行わなくてはならないのです。

広告業界の転職での媒体・メディア部門の数は少ないですが、のちに配属されることもあるでしょう。 また媒体・メディア部門への直接の求人と言うのも少ないですがしっかり存在しています。 媒体・メディア部門と聞くと派手なイメージありますが、仕事の内容としては契約を行うことが主になります。 新聞や雑誌、さらにはラジオやコマーシャルなどで広告枠を獲得するのが主な仕事になります。 広告業界にとって欠かすことの出来ない仕事であると言うことが出来るでしょう。

もちろん、広告業界にとって欠かすことができない仕事なのです。 様々なメディアに広告枠の獲得を行うのが仕事ですから、その仕事は多岐に渡ります。 広告枠をゲットするという明確な目標はありますが、営業を行う方法や場所は様々だからです。

このようなことからも媒体・メディア部門では、営業経験者が優遇されることがあります。 媒体・メディア部門の転職を考えている場合、コミュニケーション能力や交渉能力が必要になります。 媒体・メディア部門は営業部門と同じく、営業職であるということは強みになります。 もちろん広告への知識も必要となり、広告業界の中でも不可欠な存在になります。 また広告枠を取得するという仕事柄、クライアントだけでなく広告枠を持っているかたの時間に合わせなくてはなりませんね。 残業時間も増えることがあるかもしれません。 転職を考える時はこのように勤務スタイルについてもしっかり確認しておかなくてはなりません。 媒体・メディア部門の仕事は広告枠を取得するのが目的ですが、企業によってはCM作成などに直接携わる可能性もあります。 これは広告枠の確認にとっても必要なことです。

媒体・メディア部門の仕事はこのように、一見華やかなものを想像しますが、それだけでないことがわかるでしょう。 転職は人生の中でも大きなポイントですから、成功する転職を行いましょう。 広告業の転職は、具体的にどういう仕事がしたいのか考えることが必要です。 それだけ広告業界は部門に分かれた仕事があるのです。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2018 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.