休みをとりやすい広告業界の求人

広告転職TOP >> 条件別の広告業界の求人 >> 休みをとりやすい広告業界の求人

休みをとりやすい広告業界の求人

広告業界は激務、というイメージが強いため、休みをとりやすいかどうかは重要なポイントです。そして広告業界では企業によって休日事情がかなり異なってくるため、事前の情報収集が非常に重要なポイントとなってきます。

広告業界といっても幅が広く、どのような業務、ジャンルを手がけているかによって休日事情が異なってきます。たとえば非常にサイクルの早いジャンルの仕事を手がけている場合、たとえばイベントのポスターや小売業や飲食店のセール、キャンペーンのポスター製作、広告・広報などの場合はどうしても納期が短いため激務になりがちです。連日残業はもちろん、休日も満足に取れないというケースも少なくないのです。

それに対して週休2日制が導入されている職場も世間が思っている以上に多く見られるのも事実です。CMやWebサイト製作、映像作品の製作を請け負っている会社に比較的多く、納期が近づくと忙しくなる傾向があるものの、ある程度時間をかけて製作を行う仕事のため、土日は確実に休みを取れるところが多いのです。むしろまともに休日を取れないような環境で長い期間製作に携わっていると仕事の能率が落ちてしまうというのも理由です。

注意したいのは休みをとれるか、ととりやすいかはまた別の話だという点です。休日の日数そのものは多いものの、自分が希望した日にとれないケースも多いからです。繁忙期にはほとんど休みもとれず働き続け、それが過ぎたらまとめて休日がとれるといった職場もあります。こうした職場では休日の日数そのものは多いものの、自分の希望で休みをとれる余地がほとんどないので注意しなければなりません。

もうひとつ、土日に休みが取れるかどうかもよく見ておきたいところです。たとえば冠婚葬祭関連の仕事を請け負っている会社の場合、仕事そのものは激務ではないところが多いのですが、どうしても土日に仕事が多くなるので休日出勤が必要になってきます。休みは多いけれども肝心の土日が休めない、といったケースも出てくるわけです。

このように、広告業界の休日事情は職場によってずいぶんと違ってきます。希望通りに休みがとれるのがよいのか、休日が多い方がよいのかよく検討したうえで求人を比較検討していく必要もありそうです。また、職場によっては月に何日か希望の日に休日をとれる制度を設けているところもあります。気になる場合には直接問い合わせて疑問を解消しておくとよいかもしれません。全体的に見てなかなか希望通りに休日をとるのが難しい業種ではありますが、自分なりに折り合いがつけられる範囲内で求人を選んでいきたいところです。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2022 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.