一般職の広告業界の求人

広告転職TOP >> 条件別の広告業界の求人 >> 一般職の広告業界の求人

一般職の広告業界の求人

転勤がないなどのメリットで注目されている一般職、しかし広告業界ではあまりこの手の求人は見つからないというのが実情です。総合職と一般職の区別がほとんどないケースも多く、一般職の立場にこだわって求人を探そうとしても思うように見つからないこともあります。

広告業界はよく「クリエイティブな職場」と言われます。広告のための企画・立案からポスターや映像作品、カタログ、Webサイトの製作、さらにマスコミへの情報発信など、クリエイティブに分野にかなり踏み込んだ業務を行っているからです。その部分に憧れて就職・転職を目指す人も多いわけですが、こうした仕事は総合職・一般職といった区別がつけにくい面があるのです。

世間一般では責任ある仕事を任され、給料が高めで異動・転勤の機会があるのが総合職、その総合職のサポート的な役割を担うのが一般職という位置づけです。しかし広告業界の業務はこうした一般的な図式が当てはまらないことが多く見られます。クリエイティブな業務はやはり能力・センスが問われますから、せっかくセンスがあるのに一般職だから大事な役割は任せられない、逆に総合職だからといってセンスがあまりない人材に大事な役割を任せてしまうとプロジェクト全体の成果に関わる…といった問題が出てくるのです。となると広告制作の現場において、総合職・一般職という区切りを設けることはかえってマイナスになってしまう面があるわけです。「一般職のデザイナー」「一般職の編集」といった求人はまず見つからないと見てよいでしょう。

ただ広告業界に一般職の求人がまったくないというわけではありません。探すなら管理部門からの求人を狙ってみましょう。広告業界にも必ず人事や経理、総務といった職種があり、企業の経営面を担っています。こうした職場では総合職・一般職両方を採用し、世間一般のイメージに近い形で勤務しています。ですからこうした職場で求人がないか、いろいろと情報収集を行っていくとよいでしょう。

こうした管理部門は広告業界ならではの華やかな仕事ではないため、この業界に憧れを持って就職・転職を希望している方にとってはその憧れを満たすことができるか、無事採用された後になってやりがいを持って仕事を続けられるかどうかをよく見ておくことも重要な点です。クリエイティブに活躍する部門を横目に経理や事務などを担当していると「こんなはずじゃなかった」と後悔することもあるかもしれません。この辺りは一般職のメリットと、自分の中の広告業界へのイメージとの間でうまく折り合いをつけることが必要なのでしょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2022 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.