契約社員の広告業界の求人

広告転職TOP >> 条件別の広告業界の求人 >> 契約社員の広告業界の求人

契約社員の広告業界の求人

広告業界は正社員の募集が多いのが特徴のひとつです。IT業界あたりに比べると契約社員やパートの求人が少なく、正社員としての採用を前提に募集している求人が多くを占めているのです。正社員を希望している人にとっては非常に恵まれているともいえるのですが、逆に言えば契約社員の求人を見つけにくい面もあります。

華やかなイメージがある一方、激務で厳しい職場とも言われる広告業界。いきなり正社員での就職は不安がある、または広告業界とはどんな職場なのか確かめたうえで自分に向いているかどうかを判断したい、といった理由から契約社員など非正規での採用を望むケースも見られます。念願かなって広告業界に就職・転職できたと思ったらとんでもない厳しい激務な環境ですぐに辞めたくなってしまった、などといった事態を避けるうえでもひとつの選択肢となるでしょう。

ではどうして契約社員の求人が少ないのか?理由としては広告業界は人材を育成するのに時間がかかる、またクリエイティブ系、プランニング系など契約社員には向いていない職種があるといった理由が挙げられます。2年、3年の契約期間で働いてそれが終了したら終わり、という形で採用する人材は現場であまり役に立たない、という面もあるわけです。働く側としてもプランニングやクリエイティブ系に必要なスキルや知識を、2年や3年で身につけるのは難しいでしょう。双方にとってあまりメリットがないともいえるわけです。

ですから広告業界の契約社員の求人は「お試し期間」として採用することを前提にしたケースが見られます。まずは契約社員として採用し、契約期間中に適性や能力を判断したうえで、問題なければ正社員に登用するというパターンです。そのため契約期間も1年程度とそれほど長くないのが特徴です。

近い将来正社員として働くことも視野に入れたうえで、契約社員の求人を探していくのが一番の近道となるでしょう。また、大手だと契約社員から正社員への登用には消極的な一方、契約終了後に系列の子会社への採用を勧められるケースも見られます。そのため契約社員としての契約が終了した後にどうなるのか、まで踏み込んで求人を選んでいく必要があるわけです。

となると自分が働きたいと思っている職種や企業の求人を探していくことが重要になるわけです。単に採用されやすいかどうか、待遇がよいかだけでなく、幅広い視点で自分が広告業界でどう活躍していきたいのかを踏まえながら探していくことが重要です。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2022 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.