激務でない広告業界の求人

広告転職TOP >> 条件別の広告業界の求人 >> 激務でない広告業界の求人

激務でない広告業界の求人

広告業界に激務ではない職場なんてあるのか?といった疑問をお持ちの方も多いでしょう。最大手のひとつ、電通でさえも月100時間を超える勤務環境の実態が明らかになったことで、この業界の過酷な職場とのイメージがますます強まってしまったわけですが、この「広告業界=激務」にはいくつかの要因があります。

最大の要因はビジネスのサイクルとスパンが短くなっている点です。たとえば駅の構内や社内の広告を見ると連日のように新しいポスターやチラシを見つけることができます。世の中のサイクルそのものが早くなり、ひとつのビジネスの「賞味期限」が短くなっていることで、広告代理店は次から次へと新しいプロジェクトを請け負う環境になっているのです。しかもスパンが短くなれば納期も厳しくなりますし、複数のプロジェクトを同時に抱えることも多くなり、人手不足の問題も出てきます。その結果が連日のような残業、帰宅が終電といった激務な環境になるわけです。

ただ、すべての業種がこうした慌ただしいスパンとサイクルのもとでビジネスを展開しているわけではありません。比較的緩やか、というより長いスパンを前提にビジネスを行っている業種もあります。激務ではない求人を探すならまずこうした業種に狙いを定めてみましょう。例を挙げると冠婚葬祭や教育関係、また近年需要が増加している高齢者向けのビジネスなどが代表的なものです。長いスパンでじっくりと宣伝効果を挙げていく必要があるため、入念な準備や計画の下で進めていく責任の重さもありますが、無茶な激務は少ないので比較的働きやすいでしょう。逆にセールやキャンペーンを頻繁に行うファストフード業界や小売業界、IT業界とのビジネスは、激務に陥る可能性が高いので注意が必要です。求人情報ではどういったジャンルの広告に携わっているのかまでよく見ておきたいところです。

それから企業の体制も激務と密接に関わってきます。企業内の連絡・意思疎通がスムーズな会社だと、回転が速いプロジェクトを手がけていてもそれほど激務にならないものです。横の連絡がまったく行き渡らない、何か確認が必要なことが起こると責任者の承認を得るまでに延々と待たなければならない、さらに悪いことには土壇場になって責任者の方向転換でやり直し、といった環境ではどうしても無駄が多く、どんどん時間ばかりが経過して激務になってしまうのです。

こうしたムダは日本企業全体の問題とよく言われますが、広告業界ではとくに責任者や決定権を持つ人物の権限が大きいため問題が起こりやすい面があります。求人情報だけでこうした社内事情を知るのは難しいかもしれませんが、できるだけ情報を入手して調べておくとよいでしょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2022 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.