総合職の広告業界の求人

広告転職TOP >> 条件別の広告業界の求人 >> 総合職の広告業界の求人

総合職の広告業界の求人

広告業界にとっての総合職は非常に幅広く、漠然と求人を探すのではなく自分がこの業界でどんな仕事をしたいのか、どんな形でキャリアアップを目指していきたいのかを明確にしたうえで探していく必要があります。

たとえば広告業界の場合、広告の製作に直接携われる部門とそれ以外の部門に大きく分けることができます。前者はデザイナーやディレクター、ライターといったクリエイティブ系、プロデューサーやプランナーといったプランニング系、編集者などの出版に携わる部門、営業・広報などが挙げられます。一方管理部門では財務、経理など多くの企業で必須となっている部門があります。ですから同じ総合職という位置づけでもどの職場で働きたいかによって求人探しのポイントも異なってきますし、どの部門に採用されるかでその後のキャリアのルートもまったく違ってくるわけです。

ですから広告業界の場合は「総合職で働きたい」といった漠然とした意識ではなく、クリエイティブ系で活躍したい、出版に携わりたいといった具体的な目的を持った上で求人を探していく必要があります。広告業界への就職・転職に憧れる人が多い理由のほとんどは「この業界だからこその仕事」に魅力を感じているためです。それだけに総合職という大雑把にくくりではなく、どの部門でどんな仕事をするのか、といった具体的なビジョンを踏まえたうえでの情報収集が求められるのです。一般的に広告に直接携わる部門の求人は多くが総合職としての扱いなので、総合職・一般職の違いを厳密に考えて求人を選び分けていく必要はないともいえます。

ただ、部門によって求人の数や採用のチャンスが異なってきます。クリエイティブ系やプランニング系はやはり採用のハードルが高く、専門的な知識・スキルや経験が問われることがほとんどです。一方営業職は異業種で営業の経験がある場合にはかなり採用に有利になります。

それに対して経理や人事といった管理部門は求人が比較的多く、採用のチャンスも多くなります。まったくの未経験では厳しいかもしれませんが、経理などでは簿記などの資格で経験不足をカバーすることもできるでしょう。この資格が採用の際に有利・不利になるかも、広告に直接携わる部門と管理部門との大きな違いになるかもしれません。

広告業界は少々特殊なジャンルとよく言われますが、総合職という扱いや採用事情についても同じことが言えそうです。総合職、一般職といった区別よりも、実際の仕事内容を重視したうえで求人を比較検討していくべきでしょう。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2022 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.