離職率が低い広告業界の求人

広告転職TOP >> 条件別の広告業界の求人 >> 離職率が低い広告業界の求人

離職率が低い広告業界の求人

広告業界は華やかなイメージがある一方、激務に晒されるイメージもあります。大手の広告代理店が月100時間以上の残業を強いていたという事実が明らかになって、ますます激務のイメージが強めた方も多いでしょう。もともと広告業界はひとつひとつの仕事(プロジェクト)のスパンが短いため、短い納期の中で業務をこなさなければならないため連日のように残業、帰宅は終電ギリギリというケースも少なくないのです。長時間の残業が大きな問題となった電通の平均年収は1300万円を超えるという非常に恵まれた待遇にあるわけですが、こうした光の部分と影の部分を併せ持った業界ともいえるでしょう。

それだけに平均年収の高さに比べて勤続年数は決して長くはなく、6〜7年程度で離職してしまうとも言われています。従業員の平均年齢は30代後半〜40歳前後でこの数字ですから、長く続けられる人がいる一方、1〜2年ほどで辞めてしまう人も少なくないことを表しています。

こうしたデータや状況を考えても離職率が低い広告業界の求人を探していく場合には、激務かどうかをチェックすることが最大のポイントといえます。もともと憧れる人が多く平均年収も高めの業界なのですから、厳しい勤務環境さえなければ、辞めたいと思う人は少ないと考えられるからです。それだけに求人情報だけでなく、その会社の勤務環境や残業時間などの実態をよく調べていくことが大事です。

ネット上には企業の平均残業時間や従業員の口コミ情報を掲載したサイトもあります。あくまで参考ですし、すべての広告業界の情報を入手できるわけではありませんが、求人を見つけた会社の情報はこうしたルートであらかじめいろいろと調べておくとよいでしょう。

また、職種によっても離職率が大きく異なってくるのが広告業界の大きな特徴です。激務と言われるのはおもに製作に携わる部門、デザイナーや企画、編集といった部門で、とくに納期が迫ってくると家に帰れない、連日終電後にタクシーで帰るといったケースが見られます。それに対して経理や人事、財務といった管理部門ではそれほど極端な激務に晒されることは少なく、離職率も比較的低いレベルにあります。同じ企業でも働く部門によって離職率が異なってくるため、より細かな情報収集が求められることになります。

企業ごとの離職率のデータはなかなか入手できないため、こうした求人以外のさまざまな情報を活用しながら働きやすいところ、激務ではないところを探していく必要があるのです。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2022 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.