福利厚生充実の広告業界の求人

広告転職TOP >> 条件別の広告業界の求人 >> 福利厚生充実の広告業界の求人

福利厚生充実の広告業界の求人

福利厚生は求人探しの際の重要なポイントですが、広告業界の求人ではとりわけ大きな意味を持ちます。大手の企業ともなるとグループ内や提携先の関連施設の優待利用や割引サービスなどを受けられることもありますし、何しろ激務のイメージもあるわけですから、できるだけ福利厚生が恵まれているところを選びたいものです。

ただし広告代理店は大手ほど中途採用が少なく、採用は新卒ばかりというところがほとんどです。それだけに福利厚生が恵まれていそうな大手の企業ほど求人が少ないということになりますから、必ずしも広告業界の求人は福利厚生が充実しているとはいえない面もあるのです。

また激務と言われる業界ですから、それをカバーする制度がどれだけ充実しているのかも見ておきましょう。たとえば残業代や休日手当をしっかり受け取れるのか。福利厚生というよりも基本中の基本ですが、フレックス制度やみなし残業など勤務時間が曖昧になりやすく、残業の有無の判断が難しい部分もあるだけに必ずチェックしておきましょう。大手の広告代理店による1ヵ月100時間を超える苛酷な勤務環境が明らかになって大きな問題となっただけに注意したいところです。

福利厚生の内容が激務と密接に関わっているケースも広告業界ではよく見られます。たとえば「タクシー代支給」の場合、会社がタクシー代金を出してくれるのはよいのですが、裏を返せば連日残業続き、帰宅が終電が過ぎた後になるのも珍しくない職場という可能性も出てきます。他にも「社内に仮眠室あり」といった福利厚生にも要注意です。旅行などの制度も激務のために利用できない、といったケースも考えられます。

福利厚生とは基本的に従業員の勤務環境に合わせてニーズに応える形で用意されているものです。ですから福利厚生の内容によって勤務環境を推測することもできるというわけです。言い方を変えれば、福利厚生が充実しているところほどそうした制度でカバーしなければならないほど勤務環境が厳しい、となるでしょう。

この点こそ福利厚生充実の広告業界の求人を探していくうえでの最大のポイントとなるでしょう。極端な話、福利厚生の充実度よりも休みが取りやすいか、残業が少ないかといった点を重視して選んでいった方がよいともいえます。福利厚生といっても範囲は広く、あると便利なもの、なくては困るものもありますから、充実しているかどうかではなく、用意されている福利厚生がどうして必要なのかまで踏み込んで調べていくようにしたいものです。

広告業界の転職をサポート!転職エージェントランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト 詳細

TOP

広告業界の転職の基礎

職種別の広告業界の転職

人気の広告代理店への転職


Copyright (C) 2013-2022 広告業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.